知識を悪用されないために

税金を納めることは義務

日本で暮らしている人だったら、誰でも税金を納めなければいけない決まりになっています。
ですがお金を払うのが嫌で、脱税を考えている人が見られます。
税理士は税金に関する仕事なので、絶対に脱税を見逃がしてはいけません。
悪いことをしようとしている人がいたら、注意したり食い止めたりしてください。
正義感を持っている人なら、きちんと税理士としての役割を果たせるでしょう。

脱税ではなく、節税の方法を教えるのが効果的です。
節税だったら法律で認められているので、何の問題もありません。
少しでも税金が安くなるなら、誰でも嬉しいと思います。
もし自分で食い止めることができなかったら、仕方がないので警察などの力を借りましょう。

共犯だと疑われる可能性

誰かが脱税していることを知っているのに、何もしなかった場合は共犯だと思われる可能性があるので気をつけてください。
本当に関係なくても、警察に身柄を拘束されて一応取り調べを受けます。
結果、何もなかったと判明しても警察に捕まったという事実は消えません。
顧客からの信頼を、一気に失ってしまうでしょう。
そのようにトラブルが発生するので、脱税を絶対に見逃がさないでください。

脱税は法律違反だと、常に伝えていれば大丈夫でしょう。
まわりのみんなも、脱税はいけないことだと認識してくれます。
税理士として、しっかり国民に税金を納めさせなければいけません。
豊富な知識を持っているからこし、悪用されないように意識してください。


この記事をシェアする