税理士として活躍するために

税理士に向いている性格とは

毎日計算をする仕事

税理士は、たくさん計算をします。
毎日の仕事のほとんどが、計算になると言っても良いでしょう。
ですから計算が苦にならない人が、税理士に向いていると言われます。
前もって計算に、慣れておきましょう。
ミスが起こると、顧客に大きな迷惑を掛けてしまうので気をつけてください。
練習していれば、スムーズに計算できるようになります。
またパソコンのソフトの使い方も、勉強しておいてください。
ソフトを使って、計算する機会が意外と多いです。

自分は税理士だと、世間にアピールする能力も必要です。
税理士という職業は、あまり気づかれにくいと言われています。
ですから自分から税理士だとアピールすしなければ、顧客を増やすことができません。
アピール能力に長けている人が、税理士に向いていると言われます。
ただ税理士だと行っても、顧客は信用してくれません。
どんなことが得意な税理士なのか、具体的に説明することで顧客に伝わります。

正義感が強い人も、税理士に向いていると言われます。
納税は、日本で暮らしている人全員に課せられる義務です。
それなのに、税金を納めない人がいたら大変です。
自分が持っている知識を悪用されないため、正義感を持って仕事に取り組んでください。
知り合いの会社が脱税をしようとしていたら、全力で留めなければいけません。また脱税を見逃がすと、自分も共犯だと思われてしまうことがあります。
そうならないよう、知識を正しく使ってください。

おすすめリンク

医療の現場に強い税理士

医療や介護などの現場に強い、専門知識豊富な税理士のご紹介です。病院経営者の方々にお勧めの税理士です。

税理士向きの性格とは

税理士は、ほとんど毎日計算します。 計算が苦手な人は、仕事が辛くなるのでおすすめできません。 計算が得意な人や好きな人が、税理士に向いています。 パソコンを使って計算をしたり、表やグラフを作ったりもします。 ですから、パソコンの扱いに慣れている人も向いています。

税理士だとわかってもらう

こちらから積極的にアピールしないと、周囲は自分が税理士だとわかってくれません。 税理士には、アピール能力も必要です。 積極的にアピールして、顧客を集めてください。 ただ税理士だと伝えても意味がないので、どのようなことが得意な税理士なのか伝えましょう。

知識を悪用されないために

税理士が持っている知識を、脱税などに悪用しようと考えている人が見られます。 そのようなことを絶対に許さない、正義感が税理士に必要です。 脱税しようとしている人がいたら、絶対に食い止めてください。 わかっていて見逃がすと、自分も罪に問われることがあります。